香川県の城東町は関西・四国からアクセス便利なソープ天国

綺麗な女性

コンテンツ一覧

2017年09月13日
色々ある風俗の中でを更新しました。
2017年09月13日
ソープが衛生的に安全な理由を更新しました。
2017年09月13日
ソープの基本的な流れについてを更新しました。
2017年09月13日
ソープの受付後に通される待合室を更新しました。

アクセス便利なソープ街

カメラ

香川県高松市の城東町と言えば、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、ソープ街として有名な地域です。歴史は古く、明治時代に「八重垣遊郭」として整備され、紆余曲折を経て、現在のソープ街となっているのです。高松駅からもアクセスしやすく、高松城址すら望める土地にあり、四国はおろか、日本中からお客さんがやって来る地域です。女性のクオリティーも高く、九州や主に西日本出身の女性が在籍しています。
城東町のソープの特徴として、一つの地域での密集度の高さが挙げられます。アクセスが非常にしやすい地域で、尚且つ店舗数も多いという、国内的にも類をみない形態をしており、突き出した半島状の土地に存在している為、街としても棲み分けされていて、そういう意味でもアクセスが便利です。
お客さんがアクセスしやすいということは、城東町で働くソープ嬢にも同様のことが言え、在籍数はかなり多いと言えます。城東町は昔からのソープ街という事で教育もしっかりされており、利用者の満足度も非常に高いです。もし香川県に観光旅行をされることがあれば、是非、城東町のソープ街に足を運ばれることをオススメします。素敵なお時間があなたに訪れるはずです。

歴史と伝統のあるソープ街の話

本州と四国を繋ぐ瀬戸大橋が完成して、来年で30年です。この30年の間で、人や物の流れは大幅に変わりました。今までフェリーなどの船や飛行機が四国に渡る手段でしたが、橋が架かって車や電車移動が可能になりました。一時期はストロー効果と呼ばれ、四国の人口が本州に吸い取られるといった現象も起こりましたが、現在ではそのストロー効果も沈静化し、互いの良きところで棲み分けが出来るようになってきました。
橋の影響は、人口だけではありません。互いの地域の風俗産業にも影響を与えます。香川県にある城東町のソープ街もその一つです。四国の男性が城東町のソープ街を一時期離れることはありましたが、逆に本州の男性が城東町のソープ街に訪れる機会も多くなりました。
城東町のソープ街は、古くから八重垣遊郭として賑わっており、城東町のソープ街となってからも、瀬戸大橋の影響や不景気の影響を受けながら、現在に至るまで街として機能しており、多くの男性を惹き付けています。今後も交通インフラの影響で、人や物の流れは変わると思いますが、城東町のソープ街に影響は多くないと思われます。様々な経験を乗り越えたという実績と伝統が、城東町のソープ街の土台に深く強く根付いているからでしょう。

多くのソープ嬢を抱える城東町のソープ街

四国の高松市城東町のソープ街。国内でもソープ嬢の在籍が多いエリアです。その城東町のソープ街で働く女性たちは、四国出身の女性が多いです。ですが、意外と四国以外出身のソープ嬢が多いことはご存知でしょうか?そしてそれは、何ゆえでしょうか?
ソープ嬢として働く、ということは、同じ労働という観点から見れば、企業に勤めるということと何ら大差ありません。与えられた仕事をこなし、その労働に対する報酬を手にする。その論理において、区別されるものではありません。ただ、論理上がそうであったとしても、以前より明るいイメージを持たれるようになった現代社会においても、なかなか手を挙げて大きな声で言えない職業であります。これはソープ嬢という仕事の特性上、今後も続く致し方のない部分なのかもしれません。なるべく身元バレ、顔バレしたくないという思いから、生まれた土地から離れた場所で勤務する傾向があります。
ソープで働きたいけど、地元からあまり離れたくない。でも離れないとバレるのが怖い。そんな本州の女性に、城東町のソープはうってつけな訳で、四国以外出身の女性がソープ嬢として在籍している理由となる訳です。これは一過性のものでは無く、今後も続いていくであろう傾向だと思われるので、城東町のソープは多くの在籍数を抱えられる訳です。


女性を求めている男性にぜひ活用してほしいソープが城東町ソープのラ・プラージュです!ここでのソープ嬢のサービスは満足でき、なにより女性の質がいいのです!普段できない女性とのいちゃいちゃをぜひ体感してみましょう!

ピックアップコンテンツ